QLOOKアクセス解析
111218headertop_a to_home
骨格の歪みが起因となる【腰痛】【頭痛】【偏頭痛・片頭痛】
【むち打ち】をレントゲンで歪みを確認し矯正する原因治療院を
ご紹介
about_association association_outline the_latest_skeletal_correction about_admission privacy_policy
new
オフィス カロマ
お客様の声追加
堺市 北川様
●『腰痛と坐骨神経痛から来る右足全体のしびれとダルさで5分と歩けませんでした…』
beginner
campaign
traffic_accident
how_to_choose_physica_therapist
MRI
skeletal_strain_and_symptoms
frequently_asked_questions
judo_academy
hospital_official
content_about_association
line1
最先端骨格矯正協会は、国家資格(柔道整復師・鍼灸師・マッサージ師)を有し、臨床セミナーに於いて哲学・理論・分析・技術の修得に2年の歳月を要し骨格の歪みに対してのレントゲン分析及び骨格矯正実技を施しプロフェッショナルな技術を適切に正しくご提供出来る国家資格者で構成され、医師(クリニック及び放射線科)と提携し科学的根拠に基づいた治療を啓蒙する協会です。
当協会により認定された整骨院又は治療院(資格者)での骨格矯正は安心してお受け頂けます。その理由はクリニック(医師)と提携し必ずレントゲンで脊椎及び骨盤の歪みを確認して矯正を行うからです。認定院(資格者)以外で、レントゲンを撮らない脊椎及び骨盤矯正は非常に危険が伴います。
私たち治療家(国家有資格者)の第一の使命はお客様の利益を守ることです。 決して損なうことをしてはなりません。その為に、どのような治療に於いても必ず検査が必要です。胃が痛ければ胃カメラでの検査、頭痛で困っているのであれば必ず一度はMRIやCT検査などで確認をしなければなりません。
腰や首、肩こりや坐骨神経痛等の痛みでも同じです。医学を以って痛みの原因が見当たらない場合は、脊椎及び骨盤の歪みを疑い確認をする。その方法は唯一ご協力頂いている病院でのレントゲン撮影のみです。決して、触診(手で触って確認)だけで脊椎の歪みが分かるものではありません。
「最先端骨格矯正協会」はお客様の健康を願うパイオニアとして医学と提携した最先端の技術をご提案する組織であります。

一般社団法人
最先端骨格矯正協会
代表 柳瀬俊治

tohome